2018年を投稿した曲メインで振り返ってみた

.

.

どうもbunkimanです

.

.

.

みなさん、大晦日いかがお過ごしでしょうか。私はというと、先ほど「よいお年をっ!」とか呟いたのでこれで今年は終わりにしておくか、と思ったんですけど、今年の振り返りぐらいはしておいた方がいいかなっと思って書き始めた次第です。

.

.

.

まず今年は3曲投稿しましたね。

.

.

.

2月は『らんらりらるら』

 

ニコ動では4,600再生60マイリス、Youtubeでは350再生ぐらいでした。確かエレキギターの打ち込みを初挑戦した曲で苦労したし、弾かなくていいのか、という葛藤があった曲です笑 なんだか投稿した時、会社で休憩とって投稿して、その後めちゃくちゃ忙しくなって、宣伝とか全然できず自暴自棄になっていた気がします。前曲が良き伸びを見せていたのもあるかなぁって。

.

.

.

6月は『欠けた明日が』

ニコ動では7,800再生200マイリス、Youtubeでは630再生ぐらいでした。この曲は色々と思い入れのある曲。正直、伸ばすぞーとか思って作った曲ではなく、周りで少し悲しいことが起きたので、自分に何ができるかなって考えるために曲を作りました。どういう気持ちなんだろうなって考えるために。それと自分の音楽的に新しいことも挑戦できた曲だったりします。だから思ったより伸びててびっくりしました笑「この曲好きです!」っていう声もDMやらリプライやらたくさん届いて嬉しかったです。でもコメントに「フラれたな」と書かれた時は「違うわ!」って心の中で言ってましたが笑

.

.

.

10月は『セレステ』

 

ニコ動では8,300再生250マイリス、Youtubeでは670再生ぐらいでした。今更カミングアウトしますが私もシャルルに影響されてると思っていますよ笑 でもなんて言うんだろう、すごく悩んだのですが、この曲にはこの進行がやっぱり必要で、今一番かっこいいと思えることをやろうと思いそのままにしました。まぁ批判が来るのと自分がやりたい音楽を曲げて後でうだうだ言うのとどっちがいいかって言う話です。でもね、本当はイントロの方はこれを米津玄師さんだったらどんな感じのメロディにするだろうとか、それに合わせて自分が歌ったらどうだろう?とか考えて作ったのにそっちが注目されないのは非常に遺憾ですね(?)なんかオリジナリティないやつだと思われるからやめとこ、ちゃんと作ってますからね!笑 って言う話をもっと濃くやりたかったのですが、投稿直後、社畜発揮しすぎてブログも疎遠になってしまいましたからね・・・まぁそれはさておき、自信満々の曲だったのですがなかなか難しいですね笑 でもマイリス数が250超えて、ほんと皆さんに支えてもらっているな、って改めて感じました。

.

.

.

とまぁ、今年は曲の再生数としては去年を超えられなかったけど、マイリス数を見ながら「あぁ、俺、たくさんの人に声を掛けてもらって少しずつ前に進めてるな」って思ってました。ここで止まるわけではないし、なんなら投稿頻度遅めなのでなんやねんって話ですが、勇気が湧いてきました。そう、自由に作るのって怖いんですよね、でも今かそれ以上のクオリティのものを創れば聴いてくれるんだって、そう考えると色んなことに挑戦できるなって思いました。

.

.

.

そういえば、私の楽曲のなかで一番伸びた曲も快挙を遂げましたね。

.

.

『スタートライン』

 

 ニコ動では30,600再生610マイリス、Youtubeでは2,080再生ぐらいでした。初の30,000再生超えだし、マイリスも600超えてて(一時は700超えてたけどね)もうすでに懐古してます笑 去年かぁーこの曲。そう今年発見したんだけど、この曲は歌詞を韓国語訳されてるんだよね。「お、国を超えたよこの曲・・・」と思ったはいいものの、その後「すごくね!?俺めっちゃすごくね!?!?」って一人で盛り上がってました(仕事中でした)

.

.

.

あー自分の曲のこと書き始めると色々ありますね、止まらないよほんと笑 

.

.

.

今日はこれくらいにしましょうかね。私も米津玄師さんの初生放送観ないといけないので笑

.

.

.

年明けたら、また2019年の目標とか、活動とかの話を書けたらなって思います。

.

.

.

これからも活動していきますのでよろしくお願いします。

.

.

.

 それでは、良いお年をっ!

.

スポンサーリンク

「2018年を投稿した曲メインで振り返ってみた」への1件のフィードバック

  1. You could definitely see your expertise in the article you write.
    The sector hopes for more passionate writers like you who
    are not afraid to say how they believe. All the time go after your heart.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。