脱初心者したDTMerのような再生数を叩き出すために必要な6つのこと(後編)

 

 昨日スターウォーズの新作を観たせいか、フォースが宿りました

どうもbunkimanです

 皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 昨日のブログ(前編)は結構、評判が良かったようで嬉しいです。内容は少し厳しめに書きましたが、巨大なブーメランばかりで自分自信、かなり身の引き締まる思いでしたね笑 でも本当に真面目に考えないと曲って伸びないですよね。伸びないと聴いてもらえない。世知辛い世の中ですわ。
 それでは早速、後編に入っていきましょう。

スポンサーリンク

 

必要なこと

 念のため、再掲しておきます。前編はこちら。

  1. 「自己満曲」を作らない
  2. 目指す曲を聴きまくる
  3. 作曲環境を整える
  4. 武器を創る
  5. MIXを大事にする
  6. 投稿後の動きが大事

 今日は4からのことを書いていきましょう。今回もかなり自由に書いてますので、自分に合うのを取り入れていきましょう。全部やろうとして作曲をやめるのが一番良くないですからね。

 

4.武器を創る

 みなさん「自分はこれは自信がある!他の人とは違うぞ!」というものはありますでしょうか。何か一つでもいいのでそういうものを創りましょう。なんでって?どこから聴いても平均的な曲って興味湧きますか?私ならイントロで聴くのやめますよ。今は音楽がネット上に溢れてますので、聴かれないというのは別に誇張表現でもなんでもないと思います。
 なので、なんでもいいのでそういうものを持ちましょう。多いほどいいです。例としては「ギターカッティングが得意」「ベースフレーズを作るのが得意」「シンセの扱いが得意」「EDMなら任せろ」「わいはバンドミュージックやねん」「調声は右に出るものはいない」とかです。なんでもいいんです。それらを掛け合わせてオリジナリティを出すのです。今すぐにでも。私の場合は「みんなと同じならいないと同じ」と自分に言い聞かせて強いオリジナリティを出せるように頑張ってます。

 

5.MIXを大事にする

 作曲しているならMIXという工程があることはキチンと理解しておいた方がいいです。正直、MIXの良し悪しで何倍も伸びが違うからです。簡単に言い表せば「聴けるものになるかどうか」というのがMIXにかかっています。曲の良し悪しに関係ありません。
 これは私だけかもしれませんが、最初は軽んじてました。自分でやっていたのですが出来てんだろって思ってました。結果、全然できてなかったんですけどね。じゃあどうしろって話なんですけど、二択だと思います。本気で自分でMIXするか、凄腕のMIX屋さんに頼むか。私は凄腕のMIX屋さんに一度頼んで「曲はこんなに変わるんだZE!」というのを聴かせてもらって、それからはずっと自分でやっています。下手でも。それにも理由があるのですが、長くなるのでそれはまた今度。ここで重要なのは本物のMIXというものは一度体感しないといけないってこと。

 

6.投稿後の動きが大事

 これ、意外に大事なんですよね。媒体はなんでもいいのでキチンと宣伝しましょう。投稿した後は、疲れて何もしたくなくなるのもわかります。でも頑張って宣伝しましょう。RTとかしてくれた人にはお礼を言いましょう。「俺はこういう曲を作るんやで」っていうのをみんなに覚えてもらいましょう。この地道な積み重ねだけは必ずやりましょう(私も頑張ります)
 なんでかって、これちゃんとやらないとそもそも聴いてもらえないようになってしまいますよ。人の曲を聴きに行くって結構体力使いません?適当な相手にはそんな労力使いたくないですもんね。

 

さいごに

 どうでしたでしょうか。最後に一つだけ、一番大事なことを忘れていました。それは「世の中に曲を発信する」行為が一番大事というです。作曲して、少しずつブラッシュアップして、ずっと眠らすっていうのは一番意味がありません。勇気を持って、発信していきましょう。そこでもらった意見を大事にしましょう。必ず活きてきます。その積み上げが力となります。

 長くなってしまいましたが、今の私が思う大事なことを書きましたので、少しでもみんなのためになってくれれば嬉しいです。

 読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

脱初心者したDTMerのような再生数を叩き出すために必要な6つのこと(前編)

 

今日は今日でとってもエラそうなことを言うので怖くて震えています

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 今日は以前Twitterで「次のブログのテーマ何がよろしいんじゃコラ」というアンケートで堂々一位となりました「初心者DTMerへの助言」で書いていこうかと思います(ご協力くださった皆さん投票ありがとうございます)
 正直「お前も初心者だろ、ボケー!ハゲー!!」と言われても「ハゲじゃねぇよ」ぐらいしか言い返せないのですが、私は私でやっと1,2万再生なら行けるようになったので、みんなのためになることも書けるのではないか、と思いアンケートに入れたんですけどね。なので、それ以上、曲が伸びている方はすぐサイトを閉じましょう。きっと時間の無駄です。本音で書くので、誰にでも当てはまるというわけではないと思いますが、参考にしてくれれば嬉しいです。ちなみに再生数はニコニコ動画の話です。Youtubeでの伸ばし方は私に教えてください(?)

スポンサーリンク




必要なこと

 早速ですが、私が必要だと思うことを一思いに書き並べたいと思います。

  1. 「自己満曲」を作らない
  2. 目指す曲を聴きまくる
  3. 作曲環境を整える
  4. 武器を創る
  5. MIXを大事にする
  6. 投稿後の動きが大事

 どうでしょう、興味湧きましたか?湧かない方はすぐサイトを閉じるか「こういうことを知りたいんだよ!!」ということを私にぶつけてください。それではそれぞれ説明していきたいと思います。後編はこちら。

1.「自己満曲」を作らない

 「何を言っているんだ、作曲というのは自己表現だろ!!自己満でもいいじゃないか!!」はいはい、それはわかります。しかし、きっとあなたは再生数を曲で伸ばしたくて読んでいるんですよね?しかし、自己満の曲では伸びません。聴いてほしいのに自己満とか傲慢にもほどがあります。有名でもないあなたの自己満な曲なんか聴かれるわけないです。だって「聴き手が聴きたいと思うものになってない」から。
 ただし、作曲は自己表現であることは間違いありませんし、自己満も悪いわけではありません。割合を変えましょう。「聴き手:自己満=9:1」ぐらいで考えましょう。もしかしたら、自己満が1でも多いかもしれません。
 急に作曲がつまらなくなりましたか?そんなことないですよ。自己満のレベルは家で一人で楽しいですが、自分の曲を聴いてくれて色々と感想いただけたりする方が100倍ぐらい楽しいので。まずはみんなに聴いてもらえるように頑張りましょう。

2.目指す曲を聴きまくる

 好きなアーティストでも好きなジャンルでも聴きまくりましょう。なんとなくではだめです、注意深く聴きましょう。「それよりたくさん作曲した方がいいんじゃない??」そう言う気持ちもわかります。でも私が思う作曲って、大量のインプットから凝縮したものなんです。なのでたくさんの曲を知らないと曲作りの幅、引き出しが増えていかないです。今なんか定額制音楽サービスとかYoutubeがあるので簡単に様々な曲が聴けるので聴いていきましょう。むしろ聴け。
 売れてるミュージシャンの方って大体、音楽詳しくないですか?そういうことです。

3.作曲環境を整える

 整えましょう。これは誰かに聞くのが一番早いです。私はほぼ独学で環境整えましたけどとても時間かかりましたからね。「今何があって、こういう曲作りたいんだよね」っていうのがあれば大体は誰か教えてくれるんではないでしょうか。私に聞いてくださってもいいです。ただし、私は独学なので的確なことを言えるかは怪しいですが。

長くなってしまったので今日はこれくらいにしようかと思います。続きは明日、アップします。「思ってたのと違うなー」とか「こういうこと知りたいんだよな」ということがあればどんな形でも良いので連絡ください。

それでは、ありがとうございました。

スポンサーリンク



『スタートライン』の製作秘話を少々

今日は先日投稿した新曲『スタートライン』の事でも書きたいと思います。

 

いやむしろ書かせてください。

 

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。新曲先日投稿したんですけど聴いていただけましたでしょうか。あ、動画貼れって??おっしゃる通りですね、貼ります貼ります。

※今日は自分の曲のことだし、なんだかんだもう深夜2時過ぎなので、いつもよりもグダグダと書いてしまうかもしれませんがその点ご承知して頂けると嬉しいでございまする。

投稿をしてまず思ったこと

まず、投稿完了してよかった。毎回、予約投稿してるから、まぁ投稿できるっていうのはわかってるんだけど、やっぱり自分の目で見たいし、投稿できなかったら、みんなに聴いてもらえないからね。それで、その後、投稿終わった20時過ぎかな、みんなの反応見て、ホッとしました。
正直、怖かったんですよ。『休日妄想狂想曲』で20,000再生とかいってからというもの、やっぱり、それを聴いて次を期待してくれる人のためであったり、その後、極端に再生数とかマイリスとか減ったりしたらどうだろうかとか考えたりして、こういうゆったりな雰囲気な曲を作ることが。それで、それからというものの一年ぐらい、明るく、ハイテンポでハイトーンな曲しか投稿してなかったんですよね。曲投稿とかしてると、やっぱりみんなの評価がすごく気になってしまうんですよね。人間だなって思いました。弱いとも。

転機

そんな中、ある曲によって転機が訪れました。それは物議を醸したとも言える『砂の惑星』です。あの曲を聴いて最初は「もう、ボカロ界って終わるんかな・・・」って思った人もいるんじゃないでしょうか。私は思いました。でも、すぐにイラっときました。イマせっかく楽しめている場を悪い風に歌われている気がして。まぁ砂の惑星の考察はここでする気はないのでここら辺にしますが(多分、あれ米津玄師さんなりの応援歌みたいなものだろうし)それでボカロ界を今よりもっと盛り上げたいし、自分ももっと楽しみたいと思って、今までやってこなかった実況動画やこのブログみたいのもやり始めたわけですよ。私を音楽以外の部分でもみんなに楽しんでほしくて。それをキッカケに音楽も聴いて、ボカロを知ってほしくて。

作曲の変化

では、曲はというと、周りのボカロPがやっていないような曲を作ろうと思ったわけです。今までの私の曲って、割と普通のバンドの曲にデジタルミュージックを少し乗せたぐらいでそんなに目新しいところは少なかったと思います。その中でもやっぱり砂の惑星に影響されたんでしょうね。俺もラップみたいの得意だし、って思ったし、あんまり作ってる人いないんですよね。なら、一回作ろうって。バンドの曲しかほとんど書いたことないけど、最近、洋楽ばっかり聴いてるから大丈夫だろうって。それに、しょうもない話なんですけどEDMとかで良く聴く金属音使いたかったんですよね笑 あと忘れてた、一番は、やっぱりボカロ、ミクを中心とした曲を作りたかったんですよ。だから歌で曲を作るイメージで構成したし、弾き語りしながら何度も歌ってメロディーライン考えたし、今までで一番調声しましたね。そんなこんなで、こういう曲調にしました。

最後に

えっ結局なにが変わったんだって?自分が作りたいって思うもの作れるようになったことですかね。いや「なった」というか「戻った」感じですが。肩の荷が少し降りたような気がします。この曲もどれだけ伸びるかわかりませんが、結構伸びるような気もするし。気兼ねなく自分が良いと思ったものを今後は作っていこうかなって改めて思いましたね。あと、本当に色んな感想を聞けて、感謝してもし尽くせないです。こればかりは、自分ではできませんから。

この曲を機に、本当に良い「スタートライン」が切れるように頑張りたいと思います。また、色んな捉え方があると思うので、みんなの「スタートライン」にこの曲がなれるよう祈ってます。
そして今後、殿堂入りできるようにみんな応援してな笑

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。