作曲のこと考えてみた その4 「効果音入れて差をつければいいと思う、よ」

今日も今日とて殿堂入りのために思考を巡らすのである。

どうもbunkimanです

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。私はお盆休み最終日というのに体調を崩し、半日ぐらい寝てました。体がすごい重たくて、風邪とか脱水症状でもなく、なんか気持ち悪かったです。明日からまた仕事というのが嫌だったのでしょうか。そんな暗い話は置いておいて、今日書こうと思っているのは「効果音を入れていこう」っていう話。恐らく、同意する人とそうでもない人がいると思う。

スポンサーリンク

効果音入れて差をつければいいと思う、よ

最初に言っておきます。私は曲の中で効果音を使うのがヒジョーに苦手です。言い訳を言うとすると一番長くやっていたバンドが3ピースだったので、まず作曲中に効果音を入れるっていう頭になりませんよね。それに割とセッションみたいな感じで作っていたし、DAWを使う感じでもなかったので、曲に効果音を入れるという発想がなかったんですよね。

で、今更ながらここで言う「効果音」ですが、どちらかと言うと、小節頭の「ドーン!」とかイントロ全体で裏で流れてるシンセとかとかではないです。それはそれで必要だと思いますが、今回は曲中に1,2回ぐらいしか出てこないような音です。

1,2回は言い過ぎました、もう少しでてきても良いです。むしろ何度でも。ここまででイメージつきます?日本語ってホント難しいですよね。もう伝えるのも難しいし、伝わってないなら、もはやSkypeで通話しながら読み上げてやろかって思うくらい日本語を文字に起こすことは難しいですね。

話が逸れました。イメージで言えば、一瞬「ピロリロ・・・」とか「ぽちゃん・・・」とか、ワンポイントアクセみたいな感じで曲に入れる感じです。これがどうしても発想にないんですよね。感覚としては、歌の後ろで「なにそれ、ギターソロ??やたら控えめで細切れだけど」みたいなやつです。東京事変の浮雲さんのイメージが一番強いです笑

これを上手く入れられるようになると曲のクオリティって一気に上がると私は考えてます。だって難しいからあんまり容易にできませんからね笑 なので、最近では意識的に入れようと頑張っています。ワンポイントじゃなくても、なんでもいいから効果音的なものを取り入れていって、少しでも楽しめるようなものを作ろうとしてます。やってみると自分も楽しくなってくるので一石二鳥ですね笑 次の曲でも挑戦しているので、聴きながら「言ってたのはこのことかな??」と思い出してくれたら嬉しいです。

それでは、まとまりがなくなってきたので今回はこれくらいで。

いつも読んでくれてありがとうございますっ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。