歌詞の考察をしない3つの理由

 

どうもbunkimanです

.

.

.

みなさん、金曜日いかがお過ごしでしょうか

.

.

.

今日は私が歌詞の考察をしない3つ理由を書いていきたいと思います

.

.

.

 

1つ目は、聴き手にとって歌詞の意味はいつも一緒ではない、と思っているからです。人間って自分にとって都合の良い情報や興味のある情報ををキャッチしやすいように出来ているらしいんですよ。それは、五感の情報全てを同時に処理することができないから。そして、歌詞の捉え方も同じなんですよね。何気な〜く、聴いていると励まされる良い歌詞であっても、全体を考えると全然そんなことはないこともあるっていうことだし、聴く時間帯、日によっても捉え方が違うと思うんです。だからこそ、考察の記事をあげて「こうだ!」っていう決めつけをしたくないんです。

.

スポンサーリンク

.



2つ目は、歌詞を考察するよりも自分の表現力をあげることに専念した方がいいと思っているからです。歌詞って考察して、使ってみようって思っても、さすがにパクリなんですよね笑 それに歌詞って引用してみると他の人のもの感が強くて気持ち悪いんですよね。そうじゃなくても、歌詞をよく読んだりすると結構引きずるんですよ。作詞が進まなくなるので、あんまり他の人の歌詞をよく考察するということを避けているということはありますね。

.

.

.

3つ目は、歌詞は曲とセットのものだと思っているので、考察したところで、まだ、私はうまく活かせないんですよね。自分のスキルが足らないところはたくさんあると思いますが、やっぱり掛かる時間に対してあんまりなにも得られる気がしないんです。それよりは今はいつもやっている観点で曲を聴きたい、そう思うから今はやらないでいます。

.

.

.

いかがでしたでしょうか、今日は弾き語りを練習したいのでこの辺にします

.

.

.

いつも読んでくれてありがとうございますっ!

.

.

.

スポンサーリンク

.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。