一つの作曲の沼を抜けた方法

どうもbunkimanです

 

 みなさんいかが、お過ごしでしょうか

 私はのほほんと過ごしております。今日、朝は天気よかったのに、なんかあんまり天気よくないなぁーとか思って今見たら、めっちゃ晴れてるじゃん。何て適当なのかしら私は。

 最近は、スマフォでブログを書くことが多かったのですが、PCで書くのもまた一味違いますね。何といっても打つのが速い。でも、やっぱりスマフォの方がLINEとかで連絡とったりしているので、フランクさはあっちの方がありますね。とか思ってみたり。

 今日は「一つの作曲の沼を抜けた方法」というなんか大げさに書いてますけども、この間すごく悩んでいた新曲のサビのオケの解決方法を見つけたのでそのことを書こうと思っています。

 え、難しい話??

 いえ、全然簡単な話です。ただ、人によっては「そんなことかよ」という感想頂くこと請け合いなのですが、私にとっては新しい発見だったので、読んでくれる方は広い心を持って読んでいただけるとベリベリハッピー。

 まず、どういう状況だったかというと

  • サビのオケになにかが足りない
  • 色々と音を試しみるが全部しっくりこない(7パターンぐらい試しました)
  • 頭の鳴らしても「これだ!」ていうものがこない

 簡単に言えば、スランプだったのかもしれません。ただ、全部なかなかうまくいかなかったんですよ、それで曲も全然進まなくて、なんか悪い感じでした。

 それで、どうやってその状況を打開してみたかというと「MIXした」っていうだけなんですけどね。MIXってほぼほぼ曲が完成に近づいた時にやるものだと思い込んでいた(あながち間違いではないと思いますが)のですが、とりあえず、悩んでいるサビをMIXしてみたんですよ。そうしたら「あっ」ってきて、なにも足さなくて、そのままでいいや、って思えるレベルになりました笑

 なにか足らないなーって思っていたのはMIXだったっていうことでした。物足りなかったんでしょうね、MIX前の音が。こんな体験初めてだったので、自分としては新しい発見をして、誰かに話したくてブログにしました笑

 困ったら、いつもと違うことをやってみるっていうのもありですね。あと、MIXしたら他の音をのせても、大丈夫になりました。メインオケの存在感が弱すぎたんでしょうね笑

 ということで、今日はこの辺で

 いつも読んでいただき、ありがとうございますっ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。