僕がボーカロイド曲を作っていて思うこと 3

 

今日は今日でまた好きなことを語るのである。

どうもbunkimanです

 今日は『ボーカロイド曲を作っていて思うこと』とか書いてますけど、自由に思っていることを書くだけです。本当に思ったことをつらつら書くのであんまり期待はしないように。約束だぞ。ちなみにシリーズものなので前回もよろしくな。

スポンサーサイト

 

 今日は、DTMを始めた理由を書こうかと思っていたのですが、昔話ばかりしてもしょうがないので、初音ミクのことについて思っていることを書こうと思います。なんだろう、皆さんどう思っているんでしょうね。私は特に「初音ミクが好きだー!!!」というワケでもないです。でも、声は一番好きですよ。やっぱり、私にとっては音楽を作る機材の一つでしかないんですよね。それは仕方ない。だって、ボーカロイド曲を作ろうと思ってボーカロイドを購入した時は、世の中に音楽を発信するための一つの手段という感じで使い始めましたから。そして「世の中に音楽を発信するための一つの手段」という気持ちは今も変わってません。
 ただ、変わったこともあります。突然ですが、インストを除く音楽で一番の魅力ってなんだと思いますか?私は歌だと思います。ギター、ベース、ドラム、シンセがどんだけ良くても歌が良くなかったらちょっと・・・って思います。逆に演奏が少し未熟でも歌に魅力があれば聴きたいって思うんですよね。私のボーカロイド曲ではその一番大事な歌がミクなワケです。なので、私が音楽を発信するのにも欠かせないし、曲の魅力を一番引き出してくれるのもミクなんです。

 そんなことを思っていますけど、別に思っていることはあります。それは、どんなに有名なボカロPであっても曲で一番魅力に思える部分は同じソフトを使っている、ということですね。ある意味、歌で差がついたらもう文句言えない、という反面、歌をすごく頑張れば有名ボカロPに近づけるということでもあるんです。と、考えれば調声なんて全然ツラくもないですね(白目)でも、私ってあんまり調声って頑張ってない気がするんですよね。一曲で2時間ぐらいでしょうか。もう少し凝ってみてもいいかなぁ。現状、聴き易い、ぐらいのレベルだと思ってますので。話が逸れましたが、それだけ魅力的な機材だと思います。

 最後に初音ミクのことを機材、機材言って心象悪くする人もいるかもしれません。しかし「初音ミクかわいー!超かわいー!!大好きー!!!」という気持ちだけでは初音ミクは上手く歌ってくれません。ギターとかと一緒でちゃんと向き合ってどうなったら良くなるかっていうことを考えて良くしていかないと上手く歌ってくれません。その点、ご了承ください。
 あ、あと、余談かもしれませんが、DTMや音楽やっている人の「機材」という言い回しはかなり愛のある言い回しなんですよ。控えめに言って「これが俺の機材だー!!!みてくれうおぉぉぉぉぉ!!!」っていう気持ちです。この点もご了承ください。

 それでは、今日はこの辺で。なかなかの長文でしたけど、読んでいただきありがとうございます。

スポンサーサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。