ガランド を採点してみた

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
ちょっと期間が空いてしまいましたね、なんだかGWでリズムを崩された気がします。今、GWを敵に回した気がしましたが、私はGWが大好きです。来年は10連休お願いします。それでは今日も曲の考察に入ろうかと思います。

【過去の”採点しました”はこちらから】

スポンサーリンク

 

ボビデバビデンベッデボン

今日の考察曲はピコン様の『ガランド』です。
初めて聞いた時衝撃でしたねー、あっボカロにもこういう曲でてきたかって(あったかも知れませんが・・・)たまたま、ランキングで見かけて「この曲10万超えたらブログ書くかー、いや、超えなくてもかっこいいから書こうかな」って思ってたら余裕で伸びてましたね。失礼申し訳。
それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

9点。 サビが特徴的ですよね、それまではどこか低いトーンで流れるようなメロディですが、サビに入って急にハイトーンの繰り返し、そして韻を踏んでいていすごく頭に残る曲ですよね、ほんと素敵要素が多い曲です。

リズム

9点。 全体的に気怠くて心地よいリズムですよね、私も最近、このラップ調のメロディを書くようになりましたが、こういう気怠い感じって出すの難しくて、羨ましいなぁって思っています。こればかりは「こういう雰囲気出したいな」っていう曲を歌い込むしかないんでしょうかね

楽曲展開

7点。 展開の話か、よくわかりませんが、この曲短いですよね。無駄がないというか。以前、どなたがおっしゃっていたか忘れたのですが、2番がある理由は1番じゃ伝えたいことを伝えきれないからだと。1番で伝え切れるなら2番なんか不要。そのようなことを聞いた気がしますが、ほんと、そうなんですよね。無理して曲を伸ばす必要もなければ、曲を短くする必要もない。まぁ、簡単にできる話かどうかはわかりませんが。

世界観

8点。 独特ですよね、見た瞬間「あ、これおしゃれな人だわ」って思いましたね笑 絵師に観せてみたのですが、絵師曰く「これは芸大の人の可能性が高いな」だそうです。そういうもんなんですね。ピコンさんって他の曲はMV実写の曲が多いんですよね。そもそもそういうところから、ボカロ曲を作ることに対するスタンスが違うと感じました。

調声

9点。 調声すごく好きですね。言葉は聞きやすいし、ハイトーン綺麗だし、細やかなピッチ操作もグッときますね。重ねてる声はピコンさん本人だと思うのですが、こっちも色々と加工されていてかっこいいですよね。歪ませてるのかなー?ケロ声にしているのかなー?ぐらいしかわかりませんが。ボカロ曲はやっぱり声が命的なところもあるので、重ね方の工夫も色々するの楽しいですよね。

総評

合計は・・・42 / 50 点!!!という結果になりました。いやぁ最近のボカロ曲はおしゃれな曲がすごく増えてきたって感じてますが、きてますねーきてますねーこの波に乗りたけども、どうしたらよいものか・・・たくさん曲を聴いて作るしかないですねー。本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。

【過去の”採点しました”はこちらから】

スポンサーリンク