Q 編:発想が天才的!どうやったらこんな曲書けるのか考察してみた

 

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 今日も名曲を楽しく生きていきましょう。いや、無理して楽しくする必要はないんだけどね。

 さて、今日はこの曲です。

 ・・・知るのが遅すぎました。
 椎名もた様(ぽわぽわP)の『Q』です。
 このお方を知ったのは『ストロボラスト』という曲です。すごい良い曲書く人だなぁと思って色々聴いていて『Q』に出会いました。なんか初めて聴いた時は「なんかメリーゴーラウンドみたいにめまぐるしい展開の曲だな』と思い、ただただすごいなぁと思っていましたが、良く良く聴いてみると新しい発見ばかりだったので記事にしようと思いました。
 それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

 

メロディー

 8点。 私が注目しているのはAメロのメロディラインですね、なんか独特さをすごく感じるんですよね。あんまり聴いたことないメロディで引き寄せられて、サビですごいのがきますからね笑 でも、Aメロ以外は結構シンプルなメロディラインだなぁと思います。インパクトの出し方や、気持ちよく聴ける、歌える曲を作るのが上手いなぁって思います。

 

リズム

 8点。 このタイトなドラムのリズム、しびれますねー。ドラムはパターンがシンプルな時はタイトさが求められる場合が多いんですけど、実にタイトで、良い感じですよね。ドラムの話だけしてますけど、他のパートも割とシンプルですよね。こういうの好きなんです。イメージ的にはボカロ曲じゃないですけど、ROSSOの『シャロン』とかです。

 

楽曲展開

 9点。 曲の盛り上がりの高低差がとても気持ちよく思いました。リズムのところで書いているタイトさが出ているAメロからのBを挟んで「さぁ」がもう気持ちよくて仕方ないです。それとこれは真似できないなぁと思ったのがサビの最後、Cメロ入るところの「パラッパッパッパ(ラ)さよならを〜」のところですね。私がもし作るとしたら、パラッパッパッパラを引きずるか、Cメロの前に一呼吸置いてしまうような気がするんですけど、間髪入れずにCメロ入った時に「なんだこの曲はっ!」となってしまいました笑 すごいの一言です。

 

世界観

 6点。 これはまぁ正直に書きますと、絵との関連性がよくわからなかったですよね。多分、色んな問いの歌だと思うのですが、あの重火器を持っている恐らく女の子の絵はなんだろうって思ってしまいました。いえ、あれですよ。曲の良さ的には私の心を重火器で撃ち抜いたと違わないんですけどね。そういう意味だったのかな?そういう意味にしましょうか笑

 

調声

 8点。 「さぁ」ばかりに目を取られがち(自分だけ?)ですが、よくよく考えるとこの数年前の初音ミクV2?V3?ぐらいの時期にこの調声ってかなりすごいんじゃないですかね。ものすごく自然に聴こえていて、逆にどこがすごいっていうのがわからないですね笑 少し気がかりなのが「さぁ」の部分にかなり高い音入っているようなきがするんだけど、普通に重ねているだけなんだろうか・・・。

総評

合計は・・・39 / 50 点!!!いやぁ、良い曲。もっと早く知りたかったなぁこの曲。まぁ今出会えたのも嬉しいことですけどね。色んな刺激をもらえました。
本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

 

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。

お気に召すまま 編:圧倒的中毒性・・・なにがすごいか考えてみた

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本日も有名な曲の考察に入ろうかと思います。もう、最近寒いですね。そんな時は音楽を楽しんで身体と気持ちをホットにしましょう。

さて、最近投稿されたばっかりのこの曲です。



懐かしくて切ない。そしてずっと聴いていたい。そんな曲ですね。
今日の考察曲はEve様の『お気に召すまま』です。
初回を『ナンセンス文学』で行こうと思っていて、ドラマツルギーとかも出ていたので、まだ新曲出てこないだろうと思ったのですが、出てきましたね。嬉しい限りですが、私の予定が崩れました、まさか連続でEve様の曲を書くことになるなんて・・・
それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

8点。 メロディーなのか雰囲気なのか本当に全体的に中毒性を感じますね。恐らく、今回で言えば、全体的に目立つフレーズの繰り返しを多用していることと切なめおしゃれサウンドが中毒性を生み出しているのではないかなぁと思います。ニコニコ動画のコメントではサビが過去曲と似ているというコメントも見られましたが、そういうことじゃなくてサビ聴いたらEveさんってわかるってことだと思うけどなぁ・・・

リズム

8点。 今回もリズムが鋭いですよね。という手拍子とか、スイッチを入れる音??などの音がすごく鋭くて聴いていて気持ちよくって自然と体が動いてしまう感があります。しかし、1番と2番の切り替わりのスネアのロールみたいのがまだ体に合わないので8点です。でも、なんでしょう。人間関係とかと一緒で慣れてくるとこのスネアのロールが好きになるんじゃないかって思ったりしています笑

楽曲展開

7点。 右から聴こえるギターが色んなところで鳴っているのがとても印象的です。やっぱり最初に耳に入る音ってずっと残るんですよね。展開的には結構普通なのではないでしょうか。悪く言っているように思えるかも知れませんが、展開的に普通なのにすごく良く感じるっていうのはかなり難しいんですよ。魅力がないと出来ない芸当です。

世界観

9点。 このなんて表現すればいいのでしょうか。私たちが普通に生活している世界にミステリアスを加えた世界観。毎回、曲と映像でその世界観を表現しているのがものすごく魅力的ですよね。曲もそうですが、この世界のことを知ってみたいなと思わせるところが本当にすごいと思います。今後の展開も見てるからこそ、かも知れませんが。

調声

8点。 聴きやすくて気持ちいいんですよね。透明感があるというか。これを聴いていると下手にピッチをいじるのもあんまり良くないのかなぁとか思ったりもします。自然に聴こえるのもやっぱり初音ミクですもんね。判断が難しいものです。あとこの透明感はどうやって出すんだろうか・・・曲調あってのことなんだろうか。

総評

合計は・・・40 / 50 点!!!という結果になりました。意外に低いなぁ・・・かなり好きなんだけど笑 雰囲気は少し相対性理論を感じさせるのは私だけでしょうか。似てるというよりは感じる、という感じですがっ!
本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。

ナンセンス文学 編:かっこ良過ぎ!!なにがすごいか考えてみた

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今日から有名な曲の考察に入ろうかと思います。自分との才能の差を見せつけられて、ボコボコにへこむこと間違いなしですが、そこは甘んじて受け入れるのだ。

さて、最初の曲はみんな大好きこの曲です。



・・・なにこれって思うぐらい、いい曲ですよね。
初考察曲はEve様の『ナンセンス文学』です。
理由?理由はボカロ曲で一番好きだからですね笑 このあいだ『ドラマツルギー』『お気に召すまま』も出されてましたけど、最初はこれだった決めていたので、ナンセンス文学の方にしました。もう、投稿された日が直近過ぎたので、明後日は『お気に召すまま』です笑
それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。が、今回は初めてなので最高点9点で付けてます。最初から最高得点付けるのは良くないからね。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

9点。 気持ちいい。なにがってサビの流れるようなメロディーでしょう。メロディーだけ聴いてても踊りたくなるような感じで、かつ『踊り明かそう この夜を明かそう』もう、なんかしてやられてますよね。それ以外にもドラマツルギーも合わせて聴いて思ったのですが、メロディーラインが特徴的でとても魅力的ですよね。私にもあるんでしょうかね。わかりませんが。

リズム

9点。 Aメロ ワクワク→Bメロ 緊張・・・→サビ うああああああ、みたいなリズムですよね。もう少し真面目に言うと、前奏からAメロまで大体同じリズムなんですよね。パンッパンッパンパンパンみたいな。これちょっとした豆知識なんですが、リズムは奇数が耳に残りやすいって聞いたことがあります。それも合わせて中毒的になっているかもしれません。そこからBメロのキレッキレなリズムからのサビの流れるような感じですね。恐らく、オルガンみたいな音で流れるような雰囲気を作りつつ、ドラムの裏打ちでダンサブルな感じを出しているのではないかと思っています。何はともあれ、この構成は素敵。

楽曲展開

9点。 私が注目したいのは2点です。1つ目はサビ前の『生まれ変わりましょう』です。展開と言えるかわかりませんが、ここでガラッと曲を変えてサビに繋げてるのがすごいと思います。作曲してると思うのですが、曲を作っていて難しい部分の一つであるのがBメロ。曲に合わせてどれだけサビへ誘導するかが試されるのですが、ナンセンス文学はその点「きたきたー!!!」っていう感じのBメロなんで聴いていてすごく気持ちいいです。2つ目は2番のAメロの歌が早口になってビットクラッシャーでも喰らったんじゃないかっていう部分。こういう2回目のAメロをガラッと変えるやり方って飽きをこさせないためにもすごく大事で、うまくやったなぁって思っていて、しかもなんかサビまできてるしもうよくわからないですね。この手法は勉強になります。

世界観

9点。これはもう言うことなしですよね。動画も合わさって、もうなんか完成されすぎてて入り込む隙がないというか・・・あんまり創作物に対して『完成』という言葉を使うのは好きではないのですが、なんか「こういう曲作りました」っていうより「元からこういう世界がありました」っていうのが近い気がするんですよね。素敵だなって思います。なんともミステリアス感が魅力すぎて申し分ないです。あとこの卵みたいのなんでしょう?かわいい。

調声

7点。これは本当に好みだと思うのですが子音の「t」が弱いように思えます。まぁ私もミク使っているのでわかる部分もあるのですが、ちょっと「t」の音出すの難しいんですよね。「た」とかが結構「あ」寄りに聴こえてしまって、うーんってなっちゃうんですよね。ここだけが気になる。でも、ハイトーンがすごく聴きやすいですし、オクターブ下の声がすごいいいんですよね。どうやってるんだろう、ディストーションでも挿してるのかな?

総評

合計は・・・43 / 50 点!!!という結果になりました。実質調声以外は満点ですね笑 本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。