SNOBBISM を採点してみた

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
2日間ブログの更新を止めてしまいましたが、早速、今日も有名な曲の考察に入ろうかと思います。
【過去の”採点しました”はこちらから】

さて、今日の曲は名前から「冬が関係しているのかな?」って思って意味を調べてみたら別に関係なかったこの曲です。

スポンサーリンク

 

一生、ブラフを威すがいいさ

今日の考察曲はNeru様の『SNOBBISM』です。
聴いた瞬間にグッと惹きつける魅力がありますよね。アコギの使い方も8bitの使い方うまいなー!羨ましい!
それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

8点。 サビの上がり方がさすがっていう感じですよね。い〜やい〜やい〜やの時もそうでしたが、サビを聴いた瞬間に「サビきたー!!!」って思えるのは良い曲な証拠。あとハモりも良いですよね。私なんかオクターブか3度でしかほぼハモらせないですが、曲の展開に合わせて上がるようなハモりを入れているのは今度応用して使ってみたいなぁと思いました。

リズム

8点。 最近曲を聴いていて思うんですが、四つ打ちの上でリズムを遊ぶっていうのはとても気持ち良いことに気づきました。この曲でも基本的にベースとバスドラが四つ打ちで、その上でメロディとその他細かいリズムで良いノリを作ってますもんね。

楽曲展開

7点。 音色の多さ、キメの良さで何度も聴きたくなるような曲になっているのではないかと思っています。ボカロPって結構バンド出身の人が多いイメージなんですが、Neruさんはきっと違うと思うので、音の扱いが全然違いっていて真似したいなーって思うところがたくさんあって勉強になりますね。

世界観

9点。 私は最近ボカロを聴き始めたので昔から聴いている方から見たら「ちげーよぅっ」って言われてしまうかもしれませんが、このなんとも言えない斜に構えた感じ?の世界観を表現されてますよね。その上で楽しもうぜって、表現できない良さがありますね。

調声

8点。 この調声、聴いて一瞬でNeruさんだなぁって思える感じがいいですよね。それはきっと私がリンレンをあんまり聴いてないとかそういうわけではないと思うんですよね。とても安定感のある調声ですごさを感じますね。

総評

合計は・・・39 / 50 点!!!という結果になりました。本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

【過去の”採点しました”はこちらから】