お気に召すまま 編:圧倒的中毒性・・・なにがすごいか考えてみた

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。
本日も有名な曲の考察に入ろうかと思います。もう、最近寒いですね。そんな時は音楽を楽しんで身体と気持ちをホットにしましょう。

さて、最近投稿されたばっかりのこの曲です。



懐かしくて切ない。そしてずっと聴いていたい。そんな曲ですね。
今日の考察曲はEve様の『お気に召すまま』です。
初回を『ナンセンス文学』で行こうと思っていて、ドラマツルギーとかも出ていたので、まだ新曲出てこないだろうと思ったのですが、出てきましたね。嬉しい限りですが、私の予定が崩れました、まさか連続でEve様の曲を書くことになるなんて・・・
それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

8点。 メロディーなのか雰囲気なのか本当に全体的に中毒性を感じますね。恐らく、今回で言えば、全体的に目立つフレーズの繰り返しを多用していることと切なめおしゃれサウンドが中毒性を生み出しているのではないかなぁと思います。ニコニコ動画のコメントではサビが過去曲と似ているというコメントも見られましたが、そういうことじゃなくてサビ聴いたらEveさんってわかるってことだと思うけどなぁ・・・

リズム

8点。 今回もリズムが鋭いですよね。という手拍子とか、スイッチを入れる音??などの音がすごく鋭くて聴いていて気持ちよくって自然と体が動いてしまう感があります。しかし、1番と2番の切り替わりのスネアのロールみたいのがまだ体に合わないので8点です。でも、なんでしょう。人間関係とかと一緒で慣れてくるとこのスネアのロールが好きになるんじゃないかって思ったりしています笑

楽曲展開

7点。 右から聴こえるギターが色んなところで鳴っているのがとても印象的です。やっぱり最初に耳に入る音ってずっと残るんですよね。展開的には結構普通なのではないでしょうか。悪く言っているように思えるかも知れませんが、展開的に普通なのにすごく良く感じるっていうのはかなり難しいんですよ。魅力がないと出来ない芸当です。

世界観

9点。 このなんて表現すればいいのでしょうか。私たちが普通に生活している世界にミステリアスを加えた世界観。毎回、曲と映像でその世界観を表現しているのがものすごく魅力的ですよね。曲もそうですが、この世界のことを知ってみたいなと思わせるところが本当にすごいと思います。今後の展開も見てるからこそ、かも知れませんが。

調声

8点。 聴きやすくて気持ちいいんですよね。透明感があるというか。これを聴いていると下手にピッチをいじるのもあんまり良くないのかなぁとか思ったりもします。自然に聴こえるのもやっぱり初音ミクですもんね。判断が難しいものです。あとこの透明感はどうやって出すんだろうか・・・曲調あってのことなんだろうか。

総評

合計は・・・40 / 50 点!!!という結果になりました。意外に低いなぁ・・・かなり好きなんだけど笑 雰囲気は少し相対性理論を感じさせるのは私だけでしょうか。似てるというよりは感じる、という感じですがっ!
本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。