或る街のギギ 編:このサウンドは真似できないっ・・・!

今日も今日とて殿堂入りのために名曲を聴き漁るのである。

どうもbunkimanです

皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は、今、とあるプラグインを購入するかすごく悩んでいます。さぁ誰か私の背中を押して。
さて、早速今日の考察に入っていきましょうか。今回はちょっとそわそわしてるんですよね。今日の曲の作曲者は随分昔の楽曲も知っているので・・・色んなフィールドで活躍されてるな、すごいなって思います。

さて、まぁそんな話はいいとして、今日はこの曲です。



このサウンド、一瞬でわかりますね。
今日の考察曲はsasakure.UK様の『或る街のギギ』です。久しぶりにsasakure.UKさんの曲聴いたんですけど、やっぱり安定してかっこいいですね。ちなみに私が最初にこの方の曲を知ったのは『Jack-the-Ripper◆』という曲ですね。beatmaniaの同人ゲーで初めて知りました。その頃、私はボカロに全然興味なかったので、気づかなかったのですが、その頃からボカロPさんだったんですね笑 驚きました。ちなみに一番好きな曲は『ガラクタ姫とアポストロフ』です。聴いてみたことない方は聴いてみるといいですよ。いい曲。いつか記事も書きたいですね。

それでは聴いてみてメロディー、リズム、楽曲の展開、世界観、調声という視点で※個人的な点数を10点満点でつけていきます。が、今回は初めてなので最高点9点で付けてます。最初から最高得点付けるのは良くないからね。

※個人的な点数は私の好き度なので、特に優劣というわけではわりません

メロディー

8点。 この曲は、なんというかイントロギター強いですよね笑 sasakure.UKさんらしさがすごく出ていて、なんかもうイントロエンドレスリピートも辞さない構え(?)歌も合わせて無機質で迫り来るようなメロディーなところが曲とあってカッコ良いです。

リズム

7点。 リズム、というと私の場合、どうしてもドラムに耳が入ってしまうのですが、わからない点があって7点を付けてみました。リズム的にはアゲアゲかつ歯切れの良い感じなのですが、速い曲の宿命か、ドラムの打ち込み感がすごいんですよね。そう狙ってると言われれば、そうなんでしょうけど、今回は私に合わなかったです。生ドラムの音で聴いてみたいですね。

楽曲展開

9点。 いやぁ、さすがと言わざるを得ない展開力。盛りだくさんですよね、通勤中とかに何十回か聴いたんですけど正確に展開を思い出せないほどのバリエーションで困ってます。やっぱりこの引き出しの多さは見習わなくてはならないですね。そして、すごいところは、それだけ多彩な展開をしつつも強引さがないところですよね。やっぱり強引過ぎると嫌われちゃうからね☆

世界観

9点。 もうこれは物語ですよね。最近、こればかり言っている気がする・・・ということは私の曲に物語という観点も入れてみる、ということをやってもいいのかなぁ。でもここまでの世界観を作るのはなかなかの芸当だし。悩みですね。ちょっと年末年始頑張ってみますか。

調声

7点。 これもまた個性がある調声ですよね。ここまでくるともはや調声なのか、MIXなのかと悩む部分でもありますが。tell me 誰か。やっぱり速い曲のボカロの調声は難しそうですね。結構聴こえない部分も多く、うーんってなってしまいますね。もしかしたら、歌詞よりメロとリズムを強調したのかもしれませんけどね。

総評

合計は・・・40 / 50 点!!!という結果になりました。 久しぶりに聴いてもsasakure.UKさんだってわかるのは才能だなぁ、うらやましい!!!俺も頑張るで!
本当に自分が「こうだなぁ」と思うことを書いているので「それは違うよ!!」とか「確かにそうだね!」とか色々あると思いますので、コメントいただければ幸いです。

それでは今回はこれくらいで。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。